Gdark JUGEM

WEB更新が少しでも楽になればいいな、と。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
AmazonSearch
Willcom
ウィルコムストア
東急ハンズ
東急ハンズのネット通販「ハンズネット」
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
TSUKUMO
九十九電機
楽天
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
icoca、suica、PASMO、PiTaPaの互換性
気になるのはsuicaでicoca圏内利用が可能なのは知っていますが、PiTaPa圏内が使えるか、どうか。
結論としては、「使えない」なのですが、将来的には可能(いつ?)。
どこで読んだか忘れましたが、Fericaリーダー/ライター=改札の対応が必要とか。
ハードが絡むとなると、当分先かな。
今のところ、PASMOは首都圏、PiTaPaは関西圏が基本のようです。
(新潟やら岡山やら色々ありますが。)
目論見としては、首都圏から出張でよく利用する近鉄、奈良交通(バス)までを
1枚のカードで乗り切る事だったのですが、上記理由ですぐには無理そう。
icocaを使えば可能は可能なのですが、逆にicocaはPASMOエリアで使用できない。
次に考えられるのは2枚持ち。
suicaは決まりとして、関西圏ではやはり私鉄メインなのでPiTaPaか。
PiTaPaはポストペイ(後払い)なのでクレジットとの紐付けが必要。
ちょうどいいことに三井住友VISA/Masterに紐付け可能らしい。
というかPiTaPaがカード業務委託しているのが三井住友らしい。
ということで関西圏での利用はPiTaPaに。
利用頻度は少ないのでポストペイでかえってありがたい。
PASMOかsuicaか
PASMO開始で色々な人々がどの提携カードがいいか書いていますが、
概ね、PASMOでは無く、suicaの方がイイという答えのようです。
現時点では。
で、suicaはどことの提携カードがいいのかということですが、
年会費有料ならばJAL suicaカード、無料ならばビックsuicaカードがイイという感じ。
suicaには現金以外ではVIEWカードからしかチャージできない上に、ほとんどが年会費有料。
オートチャージもしくはViewアルッテという駅の端末でクレジットからチャージすることで、
1000に付き15ポイント=1.5%の還元率。可も無いが仕方ないという感じ。
ビックsuicaはここで詳しく。
まいぺいす・りぼ決定の決め手
まいぺいす・りぼでポイント2倍もあるが、真の決め手は住宅ローンのポイントを三井住友カードへ移せる事。
(最近は銀行口座を利用してもポイントが付く)
カードを探していると自然と自分の生活(主に支出)を見直す。
自分は何に一番お金を掛けて、どこで買い物するのが多いのか、といった具合。
楽天でも物は買うけど、やはりリアルな店舗の方が利用頻度は高い。
誕生月までまだ間があるし、毎月7日に必ず買い物できるとは限らない。
ガス、電気、水道などの光熱費は最近になってやっとカード払いができるようになってきた。
住宅ローンもカード払いできないかなーと無理な想像をしながら、三井住友銀行のWebをツラツラ見ていたら三井住友カードのワールドポイントに移せるとあるではないか。
これだ!これしかないぜ!(スタパ調)
支出額で最大の、しかも使い道の無いと思っていたポイントを使えるとはっ。
住宅ローンの返済は本来、「買い物」では無いのでカード払いはもちろん対象ではない。
しかし、住宅ローンの返済で貯まったポイントをぶちゃけて言えばポイント経由でedy化できる。
決め手はこれですな。
繰り上げ返済の考察
現在、住宅ローンは3本立て。
土地が2.75%、35年固定と1.1%、2年固定以後変動。
建物が3.16%、35年固定。
当初、2年固定をまずは先にと思っていたが、
金利が上昇を匂わせつつもじりじりとしか上がらないので、
3.16%固定を考えてみる。
最近の銀行のサイトは優れもので、簡単にシミュレートできる。
試してみて驚いたことに、
30万繰上げ(正確には289,685円)で15ヶ月分、
20万繰上げ(正確には191,851円)で10ヶ月分、
5万繰上げ(正確には37,968円)で2ヶ月分短縮できる。
それぞれ、844,770円(56,318円x15ヶ月)-289,685円=555,085円節約
563,180円(56,318円x10ヶ月)-191,851円=371,329円節約
112,636円(56,318円x2ヶ月)-37968円=74,668円節約
ずいぶん、お得感があるような。
光熱費に関する考察
電気、ガス、水道。カード払いが得か否か。
電気は、口座引き落としだと¥50安くなるが、カード払いだとそれが無い。確か。
現在、edyチャージしてコンビニ払いをしているが、果たして¥50以上得なのか。
単純に¥10,000マイル→¥10,000edyなので、支払時に¥50マイル以上貯まるならedy払いの方が得。
¥1000チャージで10マイル。まいぺいす・りぼなのでx2で20マイル。
支払時に¥200に付き1マイルなので¥1000で5マイル。
足して25マイル。
50マイルは¥2000が損益分岐点。
支払額が¥2000以上ならedyへチャージして支払が得。
大抵、¥2000なんて超えるからedy払いかな。
面倒だけど。
三井に縁がある
そもそも三井に縁がある
前の職場は三井生命のシステム開発。
当時のさくら銀行が給与振込口座だったし、生命保険も当然、三井生命。
現在の自動車保険も三井ダイレクト損保。
そして住宅ローンは三井住友銀行。
現在は全く三井とは関係ないのだが、こうも揃うとすごいかも。
まさにミツイでいる感じ。
ライフや楽天KC、P-ONE、VIASO-NICOSなんかも真剣に考えたけど、三井住友カードになったのは当然の流れ?
私的まいぺいす・りぼ
前述のクレジットカード申し込みxやらポイント探検倶楽部を回って、結局たどり着いたのは三井住友カード。
それも「まいぺいす・りぼ」。
リボルビング払いなんてもう自分の考えとは対極にある考えと思っていたが、「ポイント2倍で1回払いに変更すれば利子はかからない」。
ただし、ネットから毎月忘れずに「全額支払う」手続きを行う必要がある。
←これ重要。
これを忘れると、マッタクもってカードローンみたいな物。コワイ。
ただ、忘れなければ(きちんと把握、コントロールできれば)問題無い。
15日締めの翌10日払い。
Webを覗くと、支払金額が確定していたので、早速、手続き完了。
9月分(10/10支払分)はたいした額ではないのでよかった。
Edyによる少額決済
とてもまじめなBlogのようなタイトルだ。
今まででは考えられなかったことだが、「1回払いの手数料は他の現金客が払っている」といった記事を読んで、なるべくカード払いをしている。
しかし、大抵、安売りの店はカード不可だし、そもそもカードを使うほどの金額にならない。
個人的には¥1500以下だとなかなかカード払いにはしづらい。
さらに、西友(8268)イオン(8267)、イトーヨーカドーなどは、その店固有のカードがあるので出しづらい。
リアルな店舗で使うのは出張時のホテルと島忠(8184)ニトリ(9843)くらい。
そう考えると、Edyは使い勝手がいい。
額にかかわらず、というかむしろ¥1000以下の時に使いやすい。
コンビニとか。
支払はカードでチャージしてあるのでEdyを使えば間接的にカード払いと同じ。
マイルも貯まるし。
カード払いしたい人→ポイント、マイルを貯めている人には非常に便利。
今、カード業界が注目している、いわゆる少額決済は、意外な角度から広がるかも。
もちろん、小銭を持ち歩きたくないというのもあるが。
早くローソン(2651)やらセブンでEdyが使えるようにならないだろうか。
その上、上記のスーパーも使えるようになれば、なお便利なのだが。
そういえば、ビットワレットって上場してないよなぁ確か。
私的マイレージ計画
飛行機は高校の修学旅行で九州へ行った時以外、乗ったことが無い。
また、これからも乗ることはほぼ無いだろう。
が、ANAマイレージカードを取得。
どうせEdyを使うなら、Edyチャージ時にクレジットでポイントゲット、Edy使用時にANAマイルゲットしようと思ったので。
8月いっぱいだか、9月いっぱいは通常¥500かかるANAマイレージクラブカードの発行手数料が無料だったし。
引き落としはスヌーピーカードでEdyの登録はANAマイレージクラブカード。
しかし、1ヶ月も経たない内にクレジット付きの物に変更。
初EdyはW-ZERO3[es]
ヨドバシでW-ZERO3[es]を購入。
あっという間に¥25000+¥5000=¥30000チャージが残高¥200に。
Edyは1回に¥25000しかチャージできないが、続けてチャージすれば問題なし。
1日位空けないと駄目かと思っていたが大丈夫でした。
それより、サービス登録してから2日か3日経たないとチャージできないのがイタイ。
あと、チャージする時に「シャリーン」と鳴って欲しかった。